ごめんなさいは魔法の言葉

許してくれる相手がいることはとても幸せなこと。【ごめんなさいの妄想コンテスト用】

12 320

概要・あらすじ

作者: ぴのきお
14分 (8,014文字)
ごめんなさい、ごめんなさい。 私は誰に謝っているのだろう。 その謎を解くために私は過去の記憶へと遡る。

シリーズタグ

感想・レビュー 1

※このコメントはネタバレを含みます

その他情報

公開日 2017/3/22

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る