導き星の行く先へ

ある地方では流れ星を"導き星"と呼んでいる。

星蛍

5分 (2,794文字)

2 14

あらすじ

流れ星に導かれる中で、私は、忘れていたことを忘れていたのだと、知ることとなる。 家族をこよなく愛する貴女へ。 小さな小さな感動と、深い家族愛を思い返して頂くための短編小説です。 拙い文章ですが、是

シリーズタグ

感想・レビュー 2

 読ませて頂きました。  繊細な言葉が、丁寧な表現を心掛けているのだろうと好印象を与えます。静かではありますが機械的でなく、作者に喋らされている不自然さも無い、きちんと人物が話している言葉でした。自分
ネタバレあり
1件
レビュー遅くなりすみません!! 心温まるお話でした。 描写がとてもお上手なんですね!! 心にストンと落ちてくる言葉一つ一つに 納得がいき読みやすかったです(●´ω`●) 良いお話有難うございます
1件

この作者の作品

もっと見る