タヌキが現れた!

コミカルにまったり、ほのぼの。箸休め小説。

山田 猫

2時間39分 (95,144文字)

48 1,023

あらすじ

周りの同級生達が恋愛にいそしむ中、恥ずかしながらいい歳こいてカッパを探し始めた僕ら。 その日を境に不思議な出来事に度々遭遇し、奇想天外な日々が始まる。 人間ではない『何か』喋る『何か』 あの日を境に

感想・レビュー 2

完結おめでとう御座います(≧∇≦) 楽しく読ませていただきました(^O^) 終わってしまったのは寂しいですが、次の作品を楽しみにしています(^-^) お疲れ様でした(^∀^)
1件1件
二瀬幸三郎です。 日常と隣り合わせの非日常…… 緩く浅く、時には深く接触する不思議感覚の物語です。 ファミレスのカッパおじさん、関西弁の妖精、クラスメイトの石女、第4話にしてようやく登場したタヌキ、
ネタバレあり
2件1件

この作者の作品