断片集

そこに置かれるのが、ずっと夢だった。なのに、振り返られずに5年以上が過ぎた。

2 17

17分 (9,720文字)

あらすじ

本屋の片隅に並んでいるもの。 手に取るそれは、誰かが気に掛けた証。 あるいは、誰かが共感した証。 そんなものを目の当たりにして、 平然としてなんていられなかった。 記憶の断片と短編集。 私は、

シチュエーション

タグは登録されていません

その他のキーワード

タグは登録されていません

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

なんかいつもと違う。いい意味とか悪い意味とかそういう事じゃなく。 雰囲気がいつもと違う感じがしました。 作家としての自分を少し考えさせられる作品でした。

その他情報

公開日 2017/7/11

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る