『BL』妖育―忠義の果てにー

「淫靡な余興の奴隷として従うのであれば、殿下にふさわしい暮らしを保証しよう」

389 609

堕とされる騎士と、それを見せられ性に目覚める王子

概要・あらすじ

作者: 水戸けい
BL 完結 過激表現
3時間34分 (128,113文字)
 市民革命の暴動から、長年仕えてきたトゥヒム殿下を連れ出したリュドラー。彼は豪商サヒサに擁護を求めた。サヒサは言う。「商人は利益があることにしか動かない」と。一騎当千と謳われた騎士の自分を警護として雇

感想・レビュー 1

最大級の愛情と信念がなければ出来ない事をやってのける騎士は素晴らしい。皆様読んで納得して下さい

その他情報

公開日 2017/8/1

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る