受賞

社畜もなかなか悪くない

500万の損害の責任はどこにあるのか

11 40

42分 (25,133文字)
初投稿です。「半沢直樹」をイメージしながら、仕事に悩む方々へ、僕の営業経験を盛り込んで小説にしました。

あらすじ

「500万の商品をキャンセルしたい」 1本の電話から窮地に立たされた、サラリーマンの向田裕一。 仕事を辞めることばかり考える部下と、叱責ばかりのうざい上司とともに、取引先と立ち向かう。 仕事で悩める

感想・レビュー 1

※このコメントはネタバレを含みます

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る