特集

北狼伝

若狭武田家を出奔した信廣は、様々な人間や経験を重ね、北海道で唯一の戦国大名へ

90 229

2時間16分 (81,304文字)
北海道で唯一の戦国大名蠣崎家の初代当主の物語です。

あらすじ

 北海道で唯一の戦国大名、蠣崎家の初代当主の物語です。  若狭武田家の一族として家を出奔。関東や東北で様々な人たちに出会いながら、遂には北の大地、北海道(蝦夷地)へと辿り着く。  そこで人望や信頼を得

感想・レビュー 3

まず、この人物を描こうというのが凄いです 信長の野望を、こんなマニアックな人物でプレイしていたのは、もっと凄いけど...。ちなみに、私は蘭丸でプレイして育て上げ、ショタな快感を得ていました。 史料は残
1件2件
これぞ時代小説!!! 一気に読破してしまいました。
1件1件
この時代の北の国に 大名家があったとは 知らなかった。 現在と異なり 南の国出身の者が 極寒の北の国で 生活することは さぞ大変だっただろうと 想像する。 そこで起こるアイヌとの戦い 個人的
1件1件

この作者の作品

もっと見る