花みつ

申し子によって産まれた花みつ。名月の夜に産まれた月みつ。瓜二つの兄弟が辿る運命。

きつね

17分 (9,954文字)
浄い魂を燃やして生きた少年と、彼を愛し続けた人々の物語。

17 75

あらすじ

岡部は播磨国の守護代。 子に恵まれなかった彼は神仏に祈願し、授かった子に「花みつ」と名づけた。 その後、別の女性との間にも男子が産まれ、「月みつ」と名づけた。 成長した二人は共に山寺で学問に励むが、

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る