赤羽 心の迷路紅茶カフェ

悲しくなったり傷ついたら、優しい香りの紅茶を飲んで少しくつろいで行って下さい。

文月向日葵

4時間4分 (145,892文字)

622 7,627

あらすじ

川石香(かおる)は、アパレルショップ店員になった。 しかし、そこは、理想と憧れとはかけ離れた世界だった。 過労で倒れてしまった香。 そんな時、カフェを始めた姉のちひろに手を差し伸べられ、姉の店を手伝

感想・レビュー 9

懐かしくて嬉しくなって癒されました

若い頃赤羽に1年ほど住んでいました。駅の近くでアパレルしていました。寮も赤羽です。 しかも主人の田舎(義母は前橋、義父の方は高崎)なんだか凄く親近感(笑) 赤羽の思い出は少ないですが昔はギターを持った
1件
設定も1つ1つのエピソードもとっても良いのですが、日本語の不自然さが少し気になります。 助詞の使い方など細かいところを含め、台詞が急に敬語からタメ口になったり等… とても良い作品だと思いますので、もし
ネタバレあり
1件
今原さんと澪さん、結婚して幸せな家庭で良かったです。梨香ちゃんも可愛いんだろうな(≧艸≦)
1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る