バレンタインの後日談

喜劇開演!

國灯闇一

コメディ 完結
8分 (4,535文字)
バレンタインデーを一番気にしているのは、貰う男側なのかもしれない。

6 59

あらすじ

時はバレンタインデーの翌日。 3人の男子高校生はサッカー部の帰りにカフェレストランへ立ち寄った。 バレンタインデーの余韻は未だ冷めず、新鮮な話題に話が進む。それが間違いだった。 嫉妬の熱がバレン

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る