道は必ず存在している。信じる者だけにしか、見えない道だってあるんだ。

國灯闇一

7分 (3,869文字)

0 3

あらすじ

男が目を開けた。 いつものように眠りから覚めた一日の始まりに過ぎなかった。 だが――そこはまったくの別世界だった。 一面砂だらけの世界。 かつてあった街は、砂に埋もれていた。 街には人も、動物もいな

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る