前へと向かう列車、その途上に

いつか訪れる、過ちを償えるその日

猫熊太郎

14分 (7,810文字)

3 14

あらすじ

 11月16日――  自分はその日、科せられた”義務”を果たしにいく。    

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

とても素敵な短編です。 文体は一見、非常に簡潔に見えるのですが、必要な場所にはきちんと肉が付いている。つまりメリハリがあるにもかかわらず、読者にはその違和感がなく一定のリズムがあるように文章が
1件

この作者の作品

もっと見る