『真夜中の太陽、真昼の月』

みんなで作るドラマ脚本プロジェクト★応募作品

1 101

2分 (971文字)

あらすじ

夏休み、渋谷の繁華街で30人以上もの子供達が忽然と消えた。 そして3日後、犯人から子供達の親に同時刻一斉に電話が掛かってきた。 「子供を助けたかったら我々が納得する身代金を提示せよ」 親が子供達の身代

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

犯罪は目に見えるものばかりではない。 ネットの書き込みで心を刻まれ、命を断つ人だって――。 犯罪者は手の届く所にいるのかもしれないのにその姿は見えない。 それはまるでそこに存在するのに見えない真夜中の

その他情報

公開日 2018/1/8

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る