迷い犬、ポチの涙

愛犬が殺処分されるまで。家族の絆、動物愛についてのお話。

婆雨まう

23分 (13,787文字)

2 8

あらすじ

捨てられた老犬ポチの儚い一生を綴った悲話。そこにあるのは愛か死か、家族の絆についてのお話です。悲痛なる愛犬の叫び、殺処分ゼロへの道は遠く儚く虚しい。今日もまた1匹、2匹と保健所に飼い犬が持ち込まれる。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品