遠路

父の出生、その秘密とは“僕”のルーツでもある。

cinq

16分 (9,220文字)

2 31

あらすじ

多くを語らなかった父。その息子である“僕”は記憶のような夢のような頼りないひとかけらを手に過去へ旅に出た。雪に埋もれる漁師町には僕の知らない物語があった。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る