アフタヌーンの秘薬

婚約者のふりをして、と連れてこられたのは老舗お茶屋さん。

秋葉なな

恋愛 完結
3時間36分 (129,383文字)

1,758 4,119

あらすじ

契約で専務様の偽婚約者になったらお茶を売ることになりました。 「俺のために最高のお茶を淹れてみろよ」 「頼むから、一緒にいるときは演技でも恋人になってほしい」 そう言われても、日本茶に全く興味はあ

感想・レビュー 1

久しぶりに美味しいお茶やオシャレなカフェに行きたくなりました。
3件1件

この作者の作品

もっと見る