これは校閲の仕事に含まれますか?

すみませんが定時で帰らせてください。

白野よつは

3時間38分 (130,464文字)

97 179

あらすじ

 大手出版社・幻泉社の校閲部で働く斎藤ちひろは、いじらしくも数多の校閲の目をかいくぐって世に出てきた誤字脱字を愛でるのが大好きな偏愛の持ち主。  ある日、有名なミステリー賞を十九歳の若さで受賞した作家

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品