きみと眠り生きた日々よ

春夏秋冬、共にした証。

猶木閑子

2分 (1,078文字)

0 2

あらすじ

どんな季節もきみとならば、なんて言える日々があった。

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る

その他情報

公開日 2018/5/12