Primum Prophetae ~はじまりの預言者~

架空の世界宗教の開祖となる人物を通し、〝神〟と〝宗教〟について描く哲学ファンタジー

平中なごん

2時間45分 (98,926文字)
短編を書き直し、あくまでファンタジーですが、一人の宗教家の一生を描く壮大な伝記にしてみました。

25 799

あらすじ

※他の世界観を同じくする関連作品群「エルピラ・サイクル(作品群)」に合わせ、題名も関連する外国語にちょっと変更(こちらはラテン語)。 「プリーモム・プロウフェツェ」と読みます(最初の預言者の意)。

感想・レビュー 2

かくて求道者は[神]となった……

二瀬幸三郎です。 拝読いたしました。 イェホシアはドクロダの丘で死んだのではない…… 東の島国の青き森で死んだのだ! ……などとどうでも良い与太話は置いといて(←じゃあ、するなw 〈El Pirat
1件1件
キリスト教の聖書をモチーフに作られた、 ファンタジーの神様のお話です。 キリスト教は、色々な方が、イメージだけで書かれていることが多いのですが、 ファンタジーなのに、このお話はきちんとご存知の上で書
1件4件

この作者の作品

もっと見る