雨粒が叩くは

銀髪銀鬚のドワーフが、三十体近いゴブリンを相手に戦っていた。

白部令士

5分 (2,584文字)
「やっとられん。雨だけでも滅入るというのに」

3 30

あらすじ

「そこの方、観ていないで助けてくれんかの?」  ドワーフが背にした廃屋に向けて呼び掛けた。 「気付いていたのか」  と、現れたのは女戦士。――ゾマニィだった。

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る