死の世界へようこそ

自室で目覚めた青年貴族アルフレード。だが使用人は「あなたは二ヵ月前に死んで埋葬されたはず」と怯えた。

路明(ロア)

4時間7分 (148,117文字)
 本編+おまけの後日談、無事に完結致しました。読んでくださった方々、感謝致します。

62 364

あらすじ

近世イタリア。死に向かう際の幻覚の中、黒いドレスの女に勝手に下僕扱いされ目覚めた青年貴族アルフレード。不可解ながらも夢だったのかと思うが、部屋に来た使用人は、アルフレードが既に死んで埋葬されたはずだと

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る