レンタルチルドレン

「お母さん」と呼ぶあの子は、名前も知らない十一歳の私の息子でした。

渡 べつ

3時間0分 (107,797文字)
不妊治療中の待合室で考えた小説です。※もちろんフィクションです。

24 84

あらすじ

不妊に悩む主人公:松永弥生(30)が子供をレンタルできるレンタルチルドレンのサイトを知る。レンタルとして我が家にやってきたのは11歳の男の子だった。 親と子の関係、人との繋がりをテーマに「レズビアン

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品