夏の夜は草の匂いに満たされて

振り返らず、周りも見ずに、自己中で身勝手に走り抜けた夏

蜜鳥

BL 完結 過激表現
28分 (16,453文字)
受けが喧嘩腰で攻めを誘うお話です(他サイト掲載作品を加筆修正)

53 200

あらすじ

4つ上の幼馴染に片想いしていた祥爾(15)。好きでもないのに流されて関係を続けているセンパイはうまくかわせるのに、好きな相手には突っかかってばかり。 夏の夜、二人で舞台を踏んだ後、祥爾は大好きな夏生(

タグ

感想・レビュー 1

読んでいて連呼していた言葉があります。 それは『エロい・・・』でした。(褒め言葉としてお受け取りください!) 登録人物一人一人にピュアさがあり(けれど、ズルさもあり)、葛藤があり、優しさがあり、切なさ
ネタバレあり
1件2件

この作者の作品

もっと見る