受賞

灯台守の犬

灯台守とは、灯台の番人です。夜にはランプに火を灯し、海や空の安全を守ります。童話調SFファンタジー

はやくもよいち

19分 (10,817文字)
童話調の作品です。大人から子供まで、幅広くお楽しみいただけると思います。

17 141

あらすじ

雑種犬・ペスは灯台守のパラディ先生と毎晩、灯台の明かりを灯す仕事をしておりました。 数年後のある日、村に嵐が迫るなか、ペスは丘の灯台へ向かいます。少女・アンジェは、なかよしの老犬を追って家を出ますが…

感想・レビュー 1

心の片隅にこの小説を残したまま、大人になりたい。

童話調の文体と世界観で描かれた、「心に効く」良作短編小説です。 村人を愛し村人達に愛された灯台守の老人、その老人に飼われていた忠犬、そして老人のかつての教え子の娘へ。灯台守の仕事にかける想いを、彼ら
1件1件

この作者の作品

もっと見る