バス停のユニコーン

虹色の渦の瞳。風のような水のような角。星散らすたてがみ。彼の者が、私の隣に居た。

5 48

5分 (2,511文字)
天の果て 地の底まで 籠を紡ぐことは能わない けれども……
あらすじ
目次 1エピソード
感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日:2018/9/19

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます
もっと見る