夕凪の海

潮風の吹く港町、夕凪の海。平成最後の夏、私は無くした思い出を取り戻す。

3 17

17分 (9,935文字)
小説家になろうで過去に連載していたものに若干の修正を加えて投稿しております。

あらすじ

――なにも特別なことをしたわけではなかったが、あの日の思い出だけは死ぬまで忘れないだろう。  内海真は毎年夏になると、幼い頃に母親に連れられて港町を歩いたことを思い出す。 家族はばらばらになり、その

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/9/28

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る