さくら、さくら

昭和十六年、夏。 海軍パイロットの義彦が、婚約者の廣子を休暇先に呼び寄せたのは…

640 2,110

恋愛 完結 過激表現
24分 (14,348文字)
「初めて」の間宮中尉の視点でのお話です。このあと「いつか」へ続きます。

あらすじ

昭和十六年、夏。 海軍士官、間宮 義彦中尉は爆撃機のパイロットとして日夜訓練に明け暮れていた。 そんな中、突然、三日間の休暇を賜ることになり、すぐさま婚約者の佐伯 廣子を呼び寄せる。 初めは廣子の姉と

シリーズタグ

感想・レビュー 4

やっぱり好きです

佐倉さんの新しいお話を読みました。やっぱり。佐倉さんの文章は好きです。個人的に時間が無いので、他サイト見ておりませんのでここのサイトで色々佐倉さんの作品が見れるのは嬉しいです。これからも活躍楽しみにし
こんにちは(=^ェ^=)けいたんです。 『はじめて』から続き、『さくら、さくら』を読ませていただきました。 男女の視点を替えて、同じシーンをトレースする。この構成は一人称視点で多く用いられ、そして、書
凄く良かったです。携帯小説にありがちな説明をしすぎたり辻褄が合わないようなこともなく、 このサイトのレベルを上げるような作品に会えて良かったです。次作も楽しみにしています。
もっと見る

その他情報

公開日 2019/3/31

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る