水の失われた神々

とある日。雨が世界規模で振り続ける。

32 1,474

1時間20分 (47,789文字)
休載中ですが、少しずつ更新予定汗

あらすじ

竜宮城は実在していた。 そう宇宙にあったのだ。 浦島太郎は海にではなく。遥か彼方の惑星の大海原へと行ったのだった。 水の無くなった惑星。 滅亡の危機と浦島太郎への情愛を感じていた乙姫の決断は、龍神

感想・レビュー 2

登場人物が

https://estar.jp/novels/25569633/viewer?page=1 what is this? にてエブリスタ常連が登場する作品書いてます。 出来れば学さんも登場さしたい
1件14件

読んだ。

引き込みはあるネタ思う。 全体にの載せ方が弱い?(小声) プロット伏線あるとしたら伏線を読者にこれ伏線だな?と思われないと上手い書き方いうか。 まあ、私も言えんかもしれないけど
1件3件

この作者の作品

もっと見る