ERIKA

1939年、ドイツ。残虐なナチスの将校と、お人好しなユダヤ人の少女とが出会った。

木兎音也

36分 (21,157文字)
改稿中です<(_ _)>

11 143

あらすじ

ただ殺すのは惜しい。 それならば殺される人間に失礼だろう。 やるならできるだけ美しく、残酷に。 1939年、ドイツ。 時代は第二次世界大戦へと突入。 残虐なナチスの将校と、お人好しなユダヤ人の少女と

感想・レビュー 1

完結おめでとうございます。 こっそりと読んでおりましたがひたすらに感動しました。後半にいくにつれて涙で画面が見えなくなるくらいでした。 結末はなんとなく読めたのですが(笑)表現がきれいで素敵です。心の
1件1件

この作者の作品