北町夜話

屍がおれを見詰める。――男の薄暗い愉悦の物語。

9 58

ホラー 完結
8分 (4,430文字)
yomyom短編小説コンテスト応募作品です

あらすじ

江戸八丁堀の町方同心、山崎宗右衛門(やまざきそうえもん)は、とある日より「屍から見られる」ようになる。 死者の眼差しに、しだいに暗い悦びを覚えるようになる宗右衛門。 そんなさなか、奉行所から上方に向か

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

※このコメントはネタバレを含みます

1件2件

※このコメントはネタバレを含みます

1件3件

この作者の作品

もっと見る