『創世記』

”白銀時代”の基礎となる、十の人類が共有する始まりの物語

11 929

”白銀時代”全編の基底を為す、世界の始まりの聖典

概要・あらすじ

作者: 御陵
10分 (5,931文字)
”白銀時代”各作品の中で言及される『創世記』は、本作を指します。 念のため、こちらに記録として残しておきます。 小説ではなく、飽くまで設定資料の一部ですので、気が向いたら眺めて頂ければ幸甚です。

シリーズタグ

感想・レビュー 1

※このコメントはネタバレを含みます

その他情報

公開日 2018/11/17

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る