かくして彼女は空を見ていた

あの子はどんな空でも「綺麗」と言った

1 10

9分 (5,197文字)
妄想コンテスト「そして空を見上げた」応募作品です。

あらすじ

そうだ、 あの日は青空なんかじゃなくて、雷雨の空だった。 なのにあの子は嬉しそうに笑ってた。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/11/17

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る