死の太母(マーテル・マカブレス)の物語

”白銀時代”の世界に伝わる神話。遥かな太古に起きた終末の危機の顛末。

5 844

4分 (2,042文字)
遥かな太古、世界を覆った死の影の発生と阻止の概要。

あらすじ

”白銀時代”の神話の一つです。 遥かな太古、楽園から地上へと生まれてくること自体に、疑問を持った死の女神の聖職者たち。 彼らが全ての生命を死に絶やし、生まれてくること無くしてしまおう、そんな終末の危機

シリーズタグ

感想・レビュー 1

聖書のような小説! とても洗練された文章で美しかったです!!!

その他情報

公開日 2018/11/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る