蛍の君

妃がねと育てられた大納言家の姫君が、一目惚れした人に命をかけて思いを伝えた物語。

3 17

14分 (7968文字)
「伊勢物語」の「ゆく蛍」、「伊勢集冒頭の物語部分(通称「伊勢日記」)」をもとにしました。

あらすじ

みわの山いかに待ち見む年ふとも たづぬる人もあらじと思へば 伊勢(古今780) ゆく蛍雲のうへまでいぬべくは 秋風吹くと雁につげこせ 在原業平(後撰252) 暮れがたき夏の日ぐらしながむれば そのこと

タグ

目次 3エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/12/2

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る