神の哭く国 白き終焉

俺が胸の奥底でこだわってきた大切なものは、何だったろう……

駒田

12分 (6,955文字)
俺が胸の奥底でこだわってきた大切なものは、何だったろう……

2 25

あらすじ

俺は、ろくでもない流れ者だった。 拾われて学問を修め、教鞭を取るようになったのは偶然に過ぎない。 俺は、本質的なところは何も変わっていない。窃盗を繰り返し、悪事を反省する余裕すらなかった幼少時から、何

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

物語は始まったばかりの体ですが、互いの気持ちはどうだったのかと問うよりも早く二人を囲う周りの状況の変化に息を呑みます。 間違った言葉を使ってしまったのか、指添と呼ばれる立場が『俺』の考えていたものと
ネタバレあり
2件