補陀落渡海異聞

海にまつわる奇妙な伝承

斉木 京

ホラー 完結
5分 (2,589文字)

21 219

あらすじ

補陀落渡海。 かつて熊野で行われていた仏教上の風習。 昭和のある冬、作家の重塚忠昭は紀伊半島を訪れたとき宿屋の主人から補陀落渡海にまつわる恐ろしい話を聞かされる。 【田舎の怖イ噂 (竹書房文庫)

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る