天眼《てんげん》のカルマ

天者《てんじゃ》とともに空を翔《か》け、この世にはびこる『悪』を狩れ。

6 64

ファンタジー 連載中
4分 (1,831文字)

あらすじ

 空の高みにすみ、時折地上に降りてくる『天者《てんじゃ》』。その目的は、この世の陰にひそむモノを狩ることにあるという。  治道《ちどう》を勤める若者・カルマは、そんな天者の迦楼羅《かるら》とともに、

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/1/29

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る