銃弾と赤児の併存する街

突然にかかってきた電話、金を払え! と。

0 2

39分 (23,183文字)
間違い電話から思いついた作品です。

あらすじ

バツイチになった初老のわたしに、突然「金を払え!」と電話がかかった。マシンガンのようにまくし立てられ、そして巧妙な語り口で、どんどん追い詰められていく。「振り込むか?」という言葉で、架空請求についての

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/2/24

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る