ホルスの目

孤高の王者、ハヤブサ。彼の目に見える真実とは。

6 23

30分 (17,972文字)
まきやの好きな擬人化ものです!

あらすじ

空の王者、ハヤブサ。彼らの旅立ちの日に、その儀式は行われる。 書評:読書録α 「神」の血はかく語りき https://note.mu/sae_piyo/n/n7185f0d8f880 sae様に書評

感想・レビュー 2

巣立ちの物語

少し難解で、きちんと読み取れたか分からないのですが(まあ文学ってそういうものですよねたぶん)、素直に読むと巣立ちの物語ですね。私はハヤブサにまったく詳しくないので、描写がすごくよく書けてらっしゃる。鳥
生命の持つ宿命。弱肉強食、食い、食われる、生きることの痛みを、見事に書き上げた傑作です。

その他情報

公開日 2019/1/28

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る