柔らかに満ちる

僕らはふたりでひとつだから。親愛なる君へ僕は言葉を贈り続ける

4 102

12分 (7,139文字)
妄想コン「お返し」参加作品。渾身の一作!だと思っている……さて

あらすじ

半身のように大切な君がずっと笑っていられるように。 半身のように大切な貴方のとなりでいつか笑えるように。 彼のくれる言葉が彼女の心に穏やかさを滲ませる。 ちゃんと届いているから、ちゃんと届けよう。

目次 1エピソード

感想・レビュー 4

作品の深みは、海より深く・・・・ 作品の切なさは、まるで粉雪が舞うようで・・・・ これは、好き・・・・ えぇ、たまらんですよ(o≧▽゜)o
私の手の甲に、そして肩先に、温もりが蘇る、気がした。 私の耳の奥に、遠く離れたあの人の声が語りかける、気がした。 恐らくそれは、柔らかに、心の奥から湧き出づるその感情を、 呼び覚まされたからに違いな
このレビューをご覧になった方が本作品に興味を持って頂けるように、ネタバレ無しで書かせて頂きます。 妄想コンテストに応募されている作品を読んだ感想は、大きく分けて二つに分類されます。それは、 ・80
もっと見る

この作者の作品

もっと見る