ぼっちなポチ

ぼっちの少女ポチは、ある日保護施設で人の姿をした子犬と出会う――

18 381

現代ファンタジー 連載中 過激表現
1時間6分 (39,230文字)

あらすじ

電波でひねくれた一人ぼっちの少女千穂(ポチ)が、保護施設でクリーム色の子犬との出会い成長する物語です。

感想・レビュー 2

ボッチ同士の愛

 設定には驚きました。リヒトとの運命的な出会い。『「お前が可哀想になったんだ。オレよりもでかい図体してるくせに、人間のクセに、あの場で急にへたり込んじまうんだから」』あくまでも対等な関係で話は進んでい

読みごたえあり!(ネタバレあり)

 ぼっちな少女千穂が引き取った犬のリヒトは、彼女にだけは人間の少年に見えて、しかも会話もできてしまう...  こんなファンタジーのような非日常の設定ながら、日常の様々な問題がストーリーに絡み付き、ずっ

その他情報

公開日 2019/3/22

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る