先輩、食べてもいいですか?

真面目な後輩が、甘い狼になる瞬間。

三宅 あおい

恋愛 完結
8分 (4,532文字)
面倒見のいい女×表では真面目男

587 624

あらすじ

真面目な後輩に、心を許していた私。 危険なニオイに気づいた時にはもう、手遅れだった───

感想・レビュー 2

完読致しました

最後の最後まで、胸のときめきが止みませんでした。 ヒロインが一人称【私】で統一されていたこともあり、こんな後輩にだったら食べられてもいい!と、ヒロインにシンクロしながら最後まで、胸がきゅんと甘酸っぱ
めっちゃドキドキしちゃった。たぶん、これ大人が読むやつ。笑