あの時は、君じゃなくても良いと思っていた。

あの日あの時の出会いが、私と貴方の人生に何をもたらしたのだろうか。

三宅 あおい

恋愛 完結
11分 (6,255文字)

36 88

あらすじ

あの日、あの時。 私たちは出会わなくとも良いと思っていた。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

埋め合う孤独、温かみ

2人の距離感が絶妙で、ドライに描いているからこそ、最後の1ページの温かみが染み入ってきます。人間は寂しがり屋であって、それを埋め合うものなのだなと、しんみり感じさせてくれる素敵な小説でした。今後の作品