不幸でしあわせな子どもたち

五十音順に名前を持つ子どもたちの 不幸でしあわせな「死亡集」

山口かずなり

ミステリー 連載中
2時間0分 (71,519文字)
お気に召せば、あなたも立派な変人。不幸に愛された子どもたちの物語を集めたダークファンタジー短編集

30 346

あらすじ

五十音順に名前を持つ個性豊かな子どもたちが、無邪気に事故や事件に巻き込まれるけれど「しあわせ」な、ほんの少しだけグロテスクな「死亡集」 ― 「ここから出ていけば、しあわせな事が待っているのか

感想・レビュー 1

「幸せってなんだろう」って考えちゃいました!

それぞれの物語には、特徴ある子どもたちが登場し、どれも「なるほど」と思わせてくれるお話でした。 物語の情景が目に浮かんできますし、中には、気付けば目に涙がたまっていたお話もありました。 「幸せって
1件

この作者の作品

もっと見る