フェアリー・ブラッド ~ 亜人検察官・桐生ハヤトの事件簿

現代社会で吸血鬼犯罪と戦う、男の物語

34 505

1時間35分 (56,408文字)

あらすじ

人間が、多くの亜人(吸血鬼)達と共存する世界。 桐生ハヤトは、亜人犯罪を現場で取り締まる亜人検察庁の検察官である。 ある日、彼のもとに奇妙な依頼が上司の大鷲部長から舞い込んでくる。 それは、亜久里商

タグ

感想・レビュー 2

亜人と共存するために、彼らは動いている

人間と亜人(吸血鬼)が共存する世界で、亜人検察庁の検察官である桐生ハヤトが、人間に牙を向ける亜人を取り締まる...。水面下で防いでいる描写に惹かれました。 亜久里商船の一人娘が誘拐されたことによって、

凄い設定、深い謎解き

この物語は、人間が、亜人(吸血鬼)と共存する世界の中で描かれていきます。 凄腕の亜人検察官桐生のハヤトの元に奇妙な誘拐事件解決の依頼が上司から舞い込んで来ます。それは一見、ただの家出事件の様に見え

その他情報

公開日 2019/4/26

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る