受賞

わたしのかわいそうなお友達

わたしにとっての当たり前は、奈々ちゃんにとっての特別だった。

久里

7分 (3,743文字)
裕福なわたし×貧乏な友達。さらりと読める、シリアス短編。

7 43

あらすじ

「紬ちゃんは、いつもおしゃれなお洋服を着てくるよね。それも、毎回違うやつ」 「奈々ちゃんも、ママに買ってもらえば良いじゃん」  わたしがきょとんと首を傾げたら、奈々ちゃんは真ん丸の瞳を瞬いて、眉尻を

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る