受賞

100日日記

ある教師と生徒たちとの卒業までの100日日記。日付と共に明かされる違和感の正体。

マキノカズヤ

13分 (7,248文字)
「三行から参加できる 超・妄想コンテスト 「100」」で、佳作をいただきました!

8 48

あらすじ

 先生は卒業式の100日前に、これから毎日日記を書きましょうと言った―――。  ある小学校教師と生徒たちとの間で交わされていく、100日間の日記。  一人の生徒の抱える問題を通じて、少しずつ見えてく

タグ

タグは登録されていません

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません