遥か彼方の安らぎ

アラサーの女性がやっとめぐりあった希望は…。実は泥沼へのプロローグだった。

11 71

26分 (15,297文字)

あらすじ

アラサーの直子。母親は病気で早世し、祖母は高齢者。縁遠い直子は、勤労青年の集うサークルに入会したことから青春を取り戻し、さあこれから私の人生が始まると思った矢先に…。 このお話はフィクションです。

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/5/14

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る