大正灰桜物語

「貴方に出会えて良かった」 今ここにいない貴方を、私は独り想い泣く。

17 108

58分 (34542文字)
主要な人物がようやく全員出揃いました。ここから物語は少しずつ動いていきます

あらすじ

ときは大正。 様々な噂の蠢く華族、壱倉家の屋敷に、最愛の母に死なれ、親族に追い出された1人の幼い少女が連れられてきた。 ブロンドにヘーゼルの瞳。 和名で永莉佳と名付けられた少女は、「蒙唐の血」と

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/5/21

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る