読書文明  〜パラレルワールド〜

「読書念術」が発展した世界の住民の物語

4 160

44分 (26,136文字)
最後の資料は、この物語をさらに楽しむためのものです。この資料を使って、自由に彼らのその後を妄想してみても良いかも。。

あらすじ

 作家の大沢とその家族は、読書文明の世界の住民だ。  本の内容を「実体化」できる、読書念術という力を巡り、とんでもない事態に巻き込まれていく大沢たち。  彼らの行く末は……?    

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/6/13

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る